Discover 江戸旧蹟を歩く

 三越

  ○ 銀座三越
  ○ 日本橋三越
  ○ 駿河町



銀座三越 中央区銀座4-6-16

 三越各支店に三囲神社の分社があります。
、銀座店は9階の銀座テラスにあります。社務所まであります。

    
 

<銀座出世地蔵尊>

 横に大きな出世地蔵尊の分身像があります。

(説明板)
「 銀座出世地蔵尊  所在地 中央区銀座四-六 三越銀座店屋上
 銀座出世地蔵尊の縁日といえば、その賑わいは大変なもので、明治・大正・昭和の初期にかけて夜店とともに銀座を代表する風俗であり、銀座について書かれた書物にもよく触れられ、その様子をうかがい知ることができます。
 地蔵の由来について、明治九年七月二十二日の「郵便報知」には「銀座三丁目の横町に此程流行する地蔵尊ハ去る文久元酉年七月十八日三十間堀壱丁目六番地先き古土蔵取繕の節同所鳶頭田中善太郎が地中より掘出し…」とありますが、詳しくは不明な点が多く、また、「出世地蔵」という名称のいわれも諸説あって、その時期についても不詳です。
 この銀座出世地蔵尊は、時代の変遷のなかで煉瓦街や夜店が失われた現在の銀座において、明治からの面影を伝える貴重なもので、中央区民有形民俗文化財に登録されています。
  平成七年三月  中央区教育委員会 」

    

    
 

<三囲神社>

   



日本橋三越 中央区日本橋室町1-4-1

 三越日本橋本店は、国の重要文化財に指定されています。

<ライオン像>

    
 

<日本橋庭園>

 本館屋上に「日本橋庭園」があります。2019年5月1日改装open。

 「集いの広場」「季節を映す水辺」「遊びの野原」「鎮守と伝統の杜 」「四季の森」の
 5つのゾーンで構成されています。

 屋上に池があるなんて!と思ったら、池ではなくて、空を映し出す鏡としての水盤です。

     
 

<三囲神社>

 三囲神社の社も新しくなったようです。
 石鳥居、玉垣、由来木板・石碑、手水舎とあり、デパートの屋上とは不釣り合いに大きな分社です。
 三囲神社の大黒天の御分霊も祀っていて、活動大黒天と称され高村光雲の作です。

     

     

     
 

漱石の越後屋>

 「夏目漱石と中央区のかかわりが深く、また、漱石が早稲田大学で講義を行っていた、ということから、
  早稲田大学125周年記念事業の一環として、漱石ゆかりの地「漱石名作の舞台」「眞砂座跡」に続き、
  3番目の場所として平成18年(2006年)12月、漱石お気に入りの三越に記念碑が建立されました。
  なお、石碑の刻銘は早稲田大学第14代総長・奥島孝康氏によるものです。」
 (日本橋三越本店HPより引用)

 夏目漱石は小学校に上がる前に越後屋によく連れてこられていたことが碑に書かれています。

    
 



駿河町

「江戸名所図会 駿河町三井呉服店」

 左が現在の三越日本橋店、右が現在の三井本館です。

  
 

「絵本江戸土産 駿河町」(広重)

 挿し絵に「日本橋通り北の方なり この辺すべて繁華はるうへに三井前後の店殊に名高く見世のかかり土庫のさま実に目を驚かせり この所にて西の方を臨めば冨士が嶺正面にして四時絶景なり 故に駿河町の名ありといふ」とあります。
 正面に富士山が見えたので「駿河町」の名となったとのこと。

  
 

「名所江戸百景 するかてふ」(広重)

  
 

「東都名所 駿河町之図」(広重)

  
 

「駿河町雪」(小林清親)

 左は三井越後屋呉服店で、右のガス燈の後ろに為替バンク三井組(明治7(1874)年に完成)です。

  
 

「駿河町夜景」(井上安治)

  
 

「明治大正建築写真聚覧 駿河町三井組」(建築学会編 昭和11年)

 小林清親及び井上安治と同じ構図の写真がありました。

  


戻る