Discover 江戸史蹟散歩

 竹ノ塚マンホール蓋通り(赤山街道)



○竹ノ塚マンホール蓋通り

 東武伊勢崎線第37号踏切(大踏切)をはさんで、はんのき橋交差点から増田橋交差点まで、
 赤山街道の両側の歩道に、延々とカラーマンホールが連なっています。
 踏切から北西は3種類、踏切から東は4種類のカラーマンホール蓋が設置されています。
 ご覧の通り、カラーマンホール蓋のオンパレードです。

     
 

 炎天寺ゆかりの小林一茶の俳句にちなんだ「蛙が相撲をとる姿」をデザインしたマンホール蓋。
 河で魚を捕っている光景、オート三輪も描かれていて、とっても昭和チックです。
 友好都市ベルモント市のシンボル「カワセミ」「黒鳥」をデザインしたマンホール蓋。
 最初数えようかと思ったものの、一通り見終えて、あまりの多さに最初から数える気力は失せました。

    

     



○街路樹の踏み固め防止板

 街路樹の踏み固め防止板にカエル(炎天寺の小林一茶の句から)、コイの2種類があります。
 それぞれ平面と立体のものがあります。

    

   

    



○ゆかりの生き物

 歩道に埋め込まれた平板のモニュメントに地元ゆかりの生き物をモチーフにしたデザインを見ることができます。

  竜(舎人氷川神社にある絵)
  ヘビ(大乗院の新春行事「じんがんなわ」)
  サル(島根小学校横の猿仏塚)
  カエル(炎天寺)
  キツネ(橋戸稲荷神社)
  片目の大緋鯉(千住大橋)
  カメ(千住大橋)
  カッパ
  チューリップ(足立区の花)
   ※かつて、足立区内にはチューリップ農家が多数あり、
   「足立のチューリップ」として全国的にその名をとどろかせました。

     

     

  



○足立区ゆかりの絵図

 「日光道中二」「千住絵馬」「東岳寺広重碑」「大乗院 じんがんなわ」
 「白旗塚古墳」「炎天寺一茶碑」「島根神社 足立のお面」「鹿浜獅子舞」
 きれいな画像を撮るには、ほうきと雑巾を持参する必要があると思いました。

     

     



○歩道タイルモザイク

 1992年3月設置。途中で全部収録するのは諦めました。

    

    



大踏切から増田橋へ

○島根六月寺めぐり散歩

 踏切からちょっと歩くと「島根六月寺めぐり散歩」の標柱があります。
 散歩道は途中で炎天寺に向かい右に折れますが、
 カラーマンホール蓋は、そのまままっすぐ増田橋まで続きます。

  



○小林一茶と炎天寺

 説明板「小林一茶と炎天寺」があります。

     



○モーツァルトのボラード

 途中、竹の塚センターに向かう通りには、モーツァルト及びハープのボラードが並んでいます。
 
    
 

 竹の塚センター通りにも、カラーマンホール蓋が連なっています。
 やせカエルのマンホール蓋(汚水と雨水)のみです。

   
 

 街路樹の踏み固め防止板は、ハトとチューリップ(足立区の花)です。

   



○セラミックアート

 野鳥と野草のセラミックアート。1994年制作。
 増田橋まで、延々と続いています。
 きりがないので増田橋近くに設置されていた説明板しか撮っていません。

   



○増田橋跡 北へ旧日光道中/西へ旧赤山道

 増田橋跡は、昔は竹の塚の立場として賑わいました。

 赤山道に沿って流れてきた竹の塚堀はそのまま東へ。
 千住堀は南に曲がり、分かれます。

 「増田橋」と刻まれたモニュメントがあります。

 道標は平成六年と刻まれているので、昔のものではなく新しいものです。

     



【大踏切からはんの木橋へ】

○伊興寺町散歩

 大踏切から少々進むと、伊興寺町散歩の大きな説明板があります。

   



観音橋跡 伊興町前沼交差点

 観音橋跡があります。
 かつてここに馬頭観音塔があり、現在は実相院へ移されています。馬頭観音については実相院で記載。

    



○伊興町前沼児童遊園 足立区伊興本町1-7

 伊興町前沼児童遊園の地下に、多目的貯水槽があります。
 そのマンホール蓋です。

    



○聖一の橋跡 聖一の橋交差点(東伊興1丁目)

   



○はんの木橋 はんの木橋交差点(西伊興)

   
 

 <左へ 保木間掘 右へ 竹の塚掘>

    
 

 <千住堀分岐点>

   
 

 <是より西へ本木掘>

   
 

 <保木間堀親水水路>

  保木間堀親水水路。歩道にカラーマンホール蓋があります。
  足立区のマークと、足立区の木「さくら」が描かれています。

     

    



見沼代親水公園 足立区舎人4丁目5番〜古千谷本町4丁目8番

 はんの木橋の次の交差点が、古千谷橋。見沼代用水の終点です。
 竹の塚堀、千住堀、保木間堀、本木堀と分岐していきます。

    

    
 

 <古千谷橋プチテラス> 足立区古千谷本町4-14-1

  見沼代親水公園の水路の終端の先に、ポンプ小屋らしきものがあります。
  道標「見沼代用水幹線水路」「古千谷橋」が建っています。

    

   



 折りたたみ自転車で巡ったのですが、次から次へと鑑賞するオブジェが登場で、
 あまりの多さに自転車に乗っている暇がなく、ほとんど自転車を押して歩いたので手間取りました。
 自転車に乗ったのは、踏切を渡る時ぐらい。
 増田橋から、はんの木橋まで、2.3kmを往復4.6kmで、全部見るのに、2時間以上かかりました。

戻る