Discover 江戸旧蹟を歩く
 

 江東区富岡

  ○ 三十三間堂跡
  ○ 八幡堀遊歩道
  ○ 伊能忠敬翁像
  ○ 富岡八幡宮几号水準点
  ○ 深川公園/深川不動尊



三十三間堂跡(江東区史跡) 江東区富岡2-4

 寛永19(1642)年、京都の三十三間堂を模して、弓術稽古のため浅草松葉町に三十三間堂が建立されました。
 元禄11(1698)年の火災で焼失、同14(1701)年に富岡八幡宮の東側に再建されました。
 正面の柱の間が33あることから三十三間堂と呼ばれます。
 柱の間隔は二間のため、実際の堂の大きさは南北66間(約120メートル)、東西四間(約7メートル)でした。
 堂の南北を射通す競技「通し矢」が行われ、江戸の名所として賑わいました。
 明治5(1872)年に廃仏毀釈により解体されています。
 

「江戸名所図会 三十三間堂」

 三十三間堂が描かれています。
、「五元集 新三十三間堂にて 若草や きのふの箭見も 木綿うり 其角」

  
 

「江戸名所図会 富岡八幡宮」

 富岡八幡宮の全景図の其一にも三十三間堂は描かれています。

  

 部分拡大
  
 

「絵本江戸土産 深川三十三間堂」(広重)

 「京都の蓮華王院を模すとかや 徹し矢を射てその芸を試むること京の三十三間堂のごとし」

  
 

「名所江戸百景 深川三十三間堂」(広重 安政4)

  
 

「東都名所 深川三拾三間堂」(広重)

  
 

<三十三間堂跡モニュメント>

 台座には陶板による一間の「矢」が描かれています。

(石柱説明)
 「三十三間堂跡
 三十三間堂は京都の三十三間堂に模して寛永十九年浅草に創建され焼失後元禄十一年富岡八幡宮の東隣に再建されたが明治五年廃され堂の遺物は深川二丁目正覚寺に移された當時ここにおいて弓術の練習と競技が行われたことは有名であった
 昭和三十三年十月一日 江東区第二号」

     

    
 

 関連 浅草三十三間堂跡



八幡堀遊歩道 江東区富岡2-5-6

 八幡堀遊歩道は、富岡八幡宮の東側に南北に走る遊歩道です。
 運河を埋め立てた遊歩道で、途中に八幡橋が架かっています。
 また新田橋が移転保存されています。

   
 

<八幡橋(旧弾正橋)>

 鉄の橋としては日本最古で、国の重要文化財です。

(説明板)
「八幡橋(旧弾正橋)
 由来
 旧弾正橋は、明治11年(1878)東京府の依頼により工部省赤羽製作所が製作した国産第1号の鉄橋です。昭和4年(1929)に現在地に移され「八幡橋」と改称し、以来、人道橋として活躍して来ました。昭和52年(1977)国の重要文化財に指定されました。アメリカ人技師スクワイアー・ウイップルの特許を基本としたところから、平成元年10月、国内で初めてアメリカ土木学会より「栄誉賞」を受けました。」

  
 

<八幡橋(旧弾正橋)>

    

    
 

<アメリカ土木学会栄誉賞/八幡橋鉄構来歴>

    
 

「国指定重要文化財(建造物)
 旧弾正橋(八幡橋) 江東区教育委員会」

  
 

<人力車モニュメント>

 (説明板)「八幡橋(旧弾正橋)」

    
 

<旧新田橋>

 新田橋については、こちらで記載済

   



富岡八幡宮几号水準点 江東区富岡1-20-3

 西参道に、撤去分解された石鳥居が置かれていて、几号が刻まれています。
 関東大震災で倒壊し補修、2011年の東日本大震災で破損し修復されましたが、
 その後、朱色の鳥居が新設されています。

     
 

 <富岡八幡宮拝殿>

  
 

<横綱力士碑>

 参道脇に大関力士碑がありますが、横綱力士碑が拝殿右手の奥にあります。

    
 

<力持の由来>
 
 碑文「力持の由来」によると、江戸時代、深川佐賀町を中心として米殻倉庫業の発達繁栄に伴い
 その從業員が余技とする力自慢で、明治以後においても隅田川の東西河岸の倉庫や問屋などで
 その從業員達の間で盛んに行われて来たとのこと。

  


戻る