Discover 江戸旧蹟を歩く
 

 鉄砲洲

  ○ 鉄砲洲
  ○ 稲荷橋
  ○ 桜川屋上公園
  ○ 桜川公園
  ○ 鉄砲洲稲荷神社



鉄砲洲 中央区湊

 鉄砲洲の名は砂洲が細長く鉄砲の形をしていたこと、あるいは大砲の試射をしたことに由来すると言われます。
 湊稲荷(現:鉄砲洲稲荷神社)には富士塚が築かれました。
 鉄砲洲の港には各地からの廻船が入港したことから、船乗人の海上守護の神として信仰を集めました。
 明治になってから100メートルほど南西に移転しています。
 

<江戸名所図会「湊稲荷社」>

 江戸名所図会に「湊稲荷社」が描かれています。稲荷橋や富士塚が見えます。

 (解説文)
 「此地ハ廻船入津の湊にして 諸国の商船普くここに運ひ 碇を下して此社の前にて積所の品を悉く問屋へ運送す
  此故にや近世吉田家より湊神社の号を贈らるる 当社は南北八丁堀の産土神なり」

    
 

 「名所江戸百景 鉄砲洲稲荷橋湊神社」歌川広重

   
 

 「江戸自慢三十六興 鉄砲洲いなり富士詣」歌川広重

  富士塚はかなり大きく描かれています。
  富士山の御祭神である木花咲耶姫命は、美人には嫉妬深く、美人がお参りすると雨を降らすといいます。
  富士の中腹に傘を差している人物が見えます。
  富士詣での帰りの女性は傘を持っています。
  富士詣での土産として、人気を博したのが麦藁細工の蛇で、
  駒込の富士詣が発祥の地で、各地の「お富士さん」の祭礼で売られるようになりました。
  少女は麦藁細工の蛇を手にしています。

     
 

 「東都名所年中行事 六月鉄砲洲ふじ詣」(広重)

  富士詣での帰りの女性は傘を持っています。
  少女が肩にかついているのも麦藁細工の蛇でしょう、蛇の目が2つ見えます。

   
 

 「絵本江戸土産 鉄砲洲湊稲荷境内の不二」歌川広重

  「この稲荷はいと古くして鎮座年暦詳らかならず
   その境内に冨士を造り浅間宮を安置せり」

  この絵も富士塚に描かれている鳥居からすると、かなりな大きさに描かれています。
  江戸湊(東京湾)に廻船の帆柱が多く見えます。

   
 

<江戸切絵図 築地八町堀日本橋南之図>

 江戸切絵図の抜粋です。
 鉄砲の形をしている鉄砲洲。その先端に「イナリ」と書かれた湊稲荷社。

   



稲荷橋

 「稲荷橋」あるいは「いなりはし」と書かれた橋標が残ります。「八丁堀」の名残です。
 「八丁堀」は京橋川から隅田川への掘割で、長さが八丁あったことからその名がつきました。
 明治期に「櫻川」と名を改め、昭和61年に埋め立てられました。

 橋名の由来となった鉄砲洲稲荷神社は、明治になってから100メートルほど南西に移転しています。
 

 <橋標> 中央区湊1-8-15

  「稲荷橋」橋標があります。
  歩道の後ろには、鉢植えに利用されている発掘された土管があります。

      
 

 <橋標 中央区八丁堀4-12-11>

  桜橋第二ポンプ所の前にあります。

    
 

 <かつての河口>

  鉄砲洲通りの歩道には、亀島川沿に親水空間が設けられています。

      



桜川屋上公園 中央区湊1-1-2

 桜川の埋立地に建つ公共施設の屋上を利用した公園です。
 稲荷橋からはスロープとなっています。

    
 

 目の前には「亀島川温泉新川の湯」。
 屋上には水路と池があります。

     



中央区立桜川公園 中央区入船1-1-1

 桜川屋上公園に続いて、桜川公園も桜川の埋立地です。
 公園入口に「MOON LIGHT STAGE」(月舞台)があります。

   
 

<八丁堀(桜川)跡>

   
 

 <入一観音菩薩> 中央区入船1-1-26

  公園入口脇に「入一観音菩薩」があります。
  「むしば祈祷石」が置かれています。

     



鐵砲洲稲荷神社 中央区湊1-6-7

<大鳥居 社号標など>

 狛犬の表情が愛嬌あります。

     

    

    
 

<百度石>
 大正14(1925)年の造立。

  
 

<神楽殿> 

  
 

<手水舎>

   
 

<天水桶>
 「六番組」

  
 

<二宮尊徳像>
 「平成十四年正月奉献」。新しいのは珍しいですね。

   
 

<社殿>

 地階のある社殿です。

   
 

<摂社八幡神社>

 左から、天満社・三輪社・浅間社・八幡神社・琴平神社・住吉社

     

      
 

<和平神繆斌顕彰碑>

 知りませんでしたが歴史の一コマ。

    
 

<東久邇宮・蒋介石使者繆斌談笑画像碑>

   
 

<針塚>

   
 

<2個の力石> 区民有形民俗文化財

 力石が社殿に向かって右側にあります。
 「力石」「三十貫」「享保十九年正月」などの刻銘。

   
 

<富士浅間神社>(鐵砲洲富士) 区民有形民俗文化財

 移転の度に小さくなったようです。

     

      

     


戻る